EDにならないための生活習慣

ライフスタイルに自信がある男性

EDになりたくない・・・と思っていたら突然、下半身が動かない・・・なんてことにならいためにも規則正しい生活習慣を身につけましょう!毎日、乱れている生活をしていると必ずEDになってしまうと考えましょう。

EDになってしまう人の生活とは?

EDに悩む男性と慰める女性一般に少年期の広範から中年期にかけて男性は生殖能力が旺盛なものですので、若い健康な男性ならばあまり関係がないと思われがちなEDも、意外に年齢とは無関係に身近な問題であることがあります。例えば近年一気に認知度が高まったうつ病などをはじめとする精神疾患に罹っていると、性欲が減退することがあり、さらには男性機能が低下してしまうことがあるものです。また性欲が減退しないまでも、うつ病の治療薬として向精神薬や睡眠薬を服用している場合、副作用として男性機能が著しく低下することがあります。うつ病を発症する要因は、その多くが精神的ストレスです。長時間労働に励んで適度な休息を取らない、交代勤務など不自然な昼夜逆転を頻繁に行なう、過度の責任感などが引き金となります。往々にして働いている状態が普通になってしまい、オン・オフの切り替えがうまくできません。休日になっても寝ているか部屋に引きこもっているかだと、上手にストレスが発散できなくなります。こうして交感神経と副交感神経のバランスが崩れてゆき、鬱病をきたす原因となります。こうした要素は何も仕事をしている時に特有の現象であるとかうつ病を発症する場合だけとは限りません。就職前の段階でも、過度の夜更かしをはじめとする不規則な生活パターンは、精神的な健康を損ねるもとになります。あるいは食事が不規則になり、十分な栄養を取らない、糖分野脂肪分を多く摂取すると肥満を起こし、運動不足と相まって生活習慣病を誘発します。このような悪習慣は、年齢にかかわらずEDの原因になることがあります。こうした悪習慣に陥らないように、食事・運動・睡眠を適正に行ない、心身ともに健康な状態を保つことが必要です。
こうしたEDの症状にはバイアグラの服用が効果的ですが、バイアグラはそもそも飲めば勃起する、という薬ではなく性的な興奮があり始めてその効果を発揮するED治療薬です。うつ病などからくる精神的な要因によるEDにはバイアグラが非常に有効と考えられていますが、性欲減退などを引き起こしている場合は勃起の引き金となる性的興奮が起きない場合が多いため、上手く作用しないことがあるということを覚えておきましょう。

病でEDになってしまった時の対処法

EDに悩む男性病気によってEDが引き起こされてしまうというケースは少なくありません。例えば高血圧が進行して陰茎部の血管がダメージを負ってしまうと勃起に必要なだけの血液を確保できなくなってしまってEDが引きこされますし、糖尿病によって神経が破壊された場合も勃起そのものが阻害されるようになってしまいます。ではこうした病気によってEDが引き起こされている場合はどうすれば良いのかというと、最も基本となるのは病気を治療することです。EDはほとんどの場合ある日自然になるものではなく、何らかの原因があってそれが不調としてあらわれているだけです。ですがそれであるならば、不調の原因を取り除けば回復するというのは間違いの無いことなのです。高血圧であれば食事・運動といった治療によって血圧値をコントロールする、糖尿病もこうした生活療法や、程度に応じてインシュリンなどの投与を行って血糖値のコントロールを目指すと言った形になるでしょう。基本はまず病気を治し、それによってEDを完治させるというのが目標となります。ただ実際には病気を完治させることができないケースや、病気が完治してもEDが残ってしまうと言ったケースもあるでしょう。そうした場合にはEDの専門クリニックに相談して治療に取り組んでいくこととなります。専用の治療薬を飲む、カウンセリングによって精神的な原因を除去するといったことが専門クリニックでの基本治療となりますが、もしそれらで改善しない場合であっても外科的手段によって改善することは可能です。一番良くないのはEDを無視して改善をしようとしないことですから、さらなる悪化を招きたくないのであれば早めに治療に取り組むようにしましょう。

EDにならないためにも健康管理は大切

EDにならないために運動する男性EDにならないために準備をしておくことは、まずなるべく肉体の老化に気を付けておくことです。男性は一定年数を経過すると必ず勃起することができなくなりますが、この原因に関してもいくつかに分かれています。肉体の年齢によって代謝機能が落ちたことが原因であるとか、体内の男性ホルモンの分泌量が落ちてしまったなどです。肉体の老化が始まるとその廊下をなるべく遅くすることを考えて行動しなくてはなりませんので、まずは基本的なことですが抗酸化の食事や運動などを取り入れることでEDにならない身体を作ることを考えましょう。そして、もう一つ重要になる原因が日常生活の疲れやストレスによって勃起をすることができなくなることです。実は、廊下による勃起不全よりも近年はこちらのほうが深刻に考えられています。そもそも、ストレスや疲れによる勃起不全に関してはこれといった特定の要因に限定することができませんので、適切な対策をすることが難しいのです。しかも、ストレスや疲れによる勃起不全に関しては肉体の年齢に関係なく発症してしまうものであるため、実際にそうなってしまうと症状を改善することが難しくなります。一番良い方法は、ストレスや疲れをなるべく小さくして進退に負担をかけないことです、これも注意しすぎるとかえってストレスになる危険性があります。日常生活のストレスや疲れを感じた際には、なるべく身体の負担をかけないような趣味などに時間をかけることが重要になります。そうすれば、自然とストレスや疲れによる男性機能の障害をなくすことができます。こう言ったケースでは回復するときも突然そうなるケースが多いので、難しく考えすぎないようにしましょう。
■EDに効く即効性の高いED治療薬
バリフで勃起力を高める