ライフスタイルに自信がある男性

EDになりたくない・・・と思っていたら突然、下半身が動かない・・・なんてことにならいためにも規則正しい生活習慣を身につけましょう!毎日、乱れている生活をしていると必ずEDになってしまうと考えましょう。

購入したED治療薬で消化不良が起きた時の対策

EDの治療薬EDの治療薬を購入して、消化不良を起こした場合は、副作用が出たと考えられます。副作用が出るのはほんのわずかの人ですが、ED治療薬が海綿体に血液を送るために血管を拡張させると、消化液の分泌量が乱れて消化不良になることもあります。この症状が出るのは胃が元々弱い人です。副作用が原因でEDの治療ができないのは精神的なストレスとなるので、日頃の生活を改善して胃を強化すれば消化不良も起こらなくなり安心して服用できます。食事は腹八分目までに抑えます。満腹になるまでご飯を食べると、消化や吸収のために胃に負担がかかります。腹八分目とは1日の摂取カロリーを1割~2割減らすということなので、肉をひと切れ残したりご飯を2口ほど少なくよそったりすることで達成できます。またよく噛まない人は消化不良になりやすいです。食べ物を口の中で小さくすれば、消化が簡単になります。理想的なのは1口30回で、よく噛めば満腹中枢が刺激されて腹八分目がストレスになりません。1日3食が基本で、できるだけ間食をとらないようにします。おやつを食べると胃は常に消化や吸収に追われて休む時間がありません。胃液の分泌を良くするためにも、それぞれも食事の間は空けておいた方が良いです。夏場に注意するのは冷たい物の食べ過ぎです。かき氷やそうめん、冷蔵庫から取り出したばかりの野菜など冷たい食べ物ばかりを食べると、胃を冷やして機能を低下させます。温かい物は胃の血行を良くしてくれるので、夏でも白湯やスープを飲む習慣を付けます。胃はストレスの影響を受けやすいので、できるだけ溜め込まずに発散します。ストレスはEDの原因でもあるため、打たれ弱い人は趣味や運動を楽しんで気持ちをリフレッシュさせます。