ライフスタイルに自信がある男性

EDになりたくない・・・と思っていたら突然、下半身が動かない・・・なんてことにならいためにも規則正しい生活習慣を身につけましょう!毎日、乱れている生活をしていると必ずEDになってしまうと考えましょう。

ED治療薬の後発品に違和感を感じたら

ED治療薬の後発品に違和感を感じる男性EDは男性器が勃起しなくなる病気です。高齢になるほど、その数は多くなります。しかし、最近では若い人もなることが多いと言われています。一般的にEDとは勃起しなくなるだけと思われがちですが、性交渉の途中で勃起しなくなる、いわゆる中折れだったり、勃起までに時間がかかることも同じくEDとなります。また、男性器を女性器に挿入できるほど固くなっていない状態や挿入はできるものの、女性が満足できない程度の固さであることも、同じくEDです。治療薬としてはバイアグラなどが有名ですが、その後発品も出てきています。ただし、処方してもらうには、医師の診察が必要です。場所が場所だけに、どうしても診察をためらいがちになる人も多いようですが、特に若い人の場合、EDが原因で子どもが作れないということになってしまいます。恥ずかしがらずに積極的に診察を受けるようにしましょう。また、これはパートナーの後押しも重要です。一緒になって考えてあげてください。治療薬の後発品は基本的には成分が同じですので、十分な効果があるはずですが、全く同じというわけではないので、違和感がある人もいるようです。そういった場合は、服用を続けずに、必ず医師に相談するようにしましょう。服用をし続けることが、状態の悪化につながりかねませんので、注意してください。また、EDの治療薬は刺激が強い場合があります。そのため、高血圧など、病気を持っている人は、必ず医師に申告してください。ED治療薬の服用になり、持病の悪化になる可能性があります。EDは適切な治療をすれば、決して怖い病気ではありません。自分もパートナーも満足できるように、勇気をもって医師の診察を受けてみてください。